notes

2015.08.04

はじまりのことば

マルプデザインのサイトで

「食卓」展 はじまりのコメントを掲載してくださいました。

http://malpu.com/nippou/2015/08/nippoui7716.php

 

会場写真の大きな木のテーブルの

もにょもにょが雑貨コーナです。

「食卓」展のためにつくったといえば

いちごのくるみボタンも。

(これは会場限定で販売しています)

150804_ichigo_button

ちょっとショートケーキみたいだなと思いました。

明日、5日は13時頃から会場におります。

 

 

2015.08.03

初日も無事

暑い中お越しくださり

ありがとうございました。

150803

2015.08.03

「食卓」展 はじまりました

本日から、個展「食卓」がはじまりました。

暑い夏ですが、カラフルな食べものの絵で

おいしくなれたらいいな。

 

みどりが大盛りの緑道を通って

ぜひあそびにいらしてくださいね。

 

初日の本日は14時以降、会場にうかがいます。

1か月間、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

150803_ryokudou

2015.08.03

雑貨 お届けしました

しばらくお待たせしていた雑貨類を

お店にお届けしてきました。

 

くるみボタンは流浪堂へ

150803_button

 

ブックカバーはSUNNY BOY BOOKSへ

hp_dougu_bookcover

 

こんな方が買ってくださったよーとか

こんなふうに言ってくれていたよ、というような

そよ風みたいな便りを聞くのが楽しいです。

いつもありがとうございます!

 

 

 

【販売店舗のご案内】
古本遊戯 流浪堂(東京/学芸大学)

*雑貨コーナーにて、いろいろお取り扱いいただいています。

SUNNY BOY BOOKS (東京/学芸大学)

*ブックカバーをお取り扱いいただいています。

 

2015.07.29

できた!

個展「食卓」の作品集が完成しました。

なんだか、いい出来になりました。

(いつだってそのときのベストだけど、、)

開封した瞬間に「やったあ~!」と

言ってしまった。

 

うれしいな。

展示会場で販売します。

 

150729_syokutaku

2015.07.28

こちらも、もうすぐ

 

個展ももうすぐですが、お手伝いに行く予定の

こども向けワークショップも、もうすぐです。

 

8月8日(土)10:30-12:30 @トレッサ横浜(大倉山)>

かべかけ時計をつくろう!

 

8月22日(土)13:00-15:00 @産経学園吉祥寺 >

たまごの殻でモザイクアート

 

(詳細は産経学園HP http://www.sankeigakuen.co.jp )

 

まだまだ募集中みたいです。

ぜひあそびにいらしてくださいね!

 

 

 

2015.07.27

もうすぐ

個展「食卓」の開催が近づいてきました。

 

10月にワークショップでご一緒させていただく

美肌室ソラのブログで、ご紹介いただきました。

http://bihadasora.com/archives/11686

 

楽しみにしていただいてうれしい。

そして、ここに記されているドラマが気になる。

 

(まだご案内のはがきが若干ございますので、

ご入り用の方はお知らせくださいね)

syokutaku_dm_hp

 

2015.07.24

雑貨の目印ができました

●hp_kie_laboratory_mark

 

販売する展示グッズや雑貨の
目印ができました。

名前はそのまんまだけど、
kie Laboratory

kie は、自分の名前でもあり
季節の移り変わりを描いていること

Laboratory は、一緒に実験しながら
おもしろいものを生み出していく場所のこと

 
シャーレのなかに生き物が入っているみたいな
細胞のなかみたいな

そういうかたちのイメージです。

 
神奈川県立荏田高校の生徒の皆さんが考えてくれた
ロゴやマーク、わたしの印象の作文から
名前と春にちなんだものをひろいました。

http://www.kienoe.com/notes/?p=300

 

 

ふわふわと黒まるのかたちは
たんぽぽの綿毛からもらったもので

ふんわりもシャープな鋭さも
万物を愛するきもち。

 

こんなものがあったらいいなーという声
ぜひきかせてくださいね。

作る側の皆さんの一緒にこれ作ろうも
もしもあったら、わくわくします。

 

というわけで、はじめてみます。

毎日を絵でいろどるのを
一緒に楽しめたらうれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

2015.07.23

丸く進む

150719_2

150723_1

150723_2

2015.07.19

文学館 / 海が見える

150719_1

 

コラムで描いた、中勘助の小説『銀の匙』の

タイトルのもとになった匙をみるために

神奈川近代文学館へ。

http://www.sunnyboybooks.com/kie-nakazawa-7/

 

 

匙、本当にあった。

文章のとおり、ちいさくて独特なかたち。

わたしが文章で想像したより

すくう部分が深くて、丸くて、ちょっといびつ。

左右対称ではない 個性的なかたち。

なめらかでつるつるな光沢。

わたしが描いたのは、やっぱり想像から生み出した

べつの匙だった。

なんだか、感激してしまった。

 

 

匙をはじめ、中勘助の遺愛の品々は

大事にされてきたのがわかる美しいものばかりで

手紙の数々を読むと、すぐそばにいるみたい。

その生涯に、ちょっとうるっときてしまった。

 

行ってみてよかった。

丘のうえから、青くかすむ海も見えた。

 

 

 

 

 

Facebook
Copyright (C) 2014 Kie Nakazawa.
トップへ