notes

2016.09.29

2016/9/24 練馬区立美術館ワークショップ

160924_minnna

2016年9月24日
《美術館を楽しむワークショップ》
四季のみじたくシリーズ30秋のみじたく
「カラフル!秋色のろう引き紙を作ろう」

(写真:練馬区立美術館より)

 

160924_minnna2

 

160924_minnna4

160924_minnna5

160924_minnna3

持ってきた秋を感じるものを見て塗ったり、描いたり。
切り絵や、押し花の作品も。

 

160924_minnna7

完成したろう引き紙を使って、しおり!(ハロウィン仕様!)

160924_minnna6

こちらは、柿もようのブックカバー。

 

お互いに教え合ったり、モチーフを共有したり。
一人ずつの個性が際立って、楽しい時間となりました。
ありがとうございました!またお会いしましょう*

 

2016.09.27

ありがとう

160927_hana

先日のこと。
練馬区立美術館で開催されたワークショップ、
無事に終了いたしました。

参加してくださった皆さま、開催にあたりお世話になった皆さま
ありがとうございました!楽しかったな。

遅ればせながら、まずはお礼をここに。

2016.09.22

毛玉着せてみたりする

160922_mokomoko

やっぱり紙に鉛筆が好きのまんなか。
と言いながら、縫い縫い進む日々。
真っ白い毛玉を着せてみる。

すこし先にテキスタイルの展示に出ます。
染めたり描いたり。(それから縫ったり!)楽しくなりそう。
またご案内させていただけたら嬉しいです*

2016.09.19

白いういろう

160919_notes

久しぶりに白いういろう。
人生の先輩と、お茶の時間だった日。

どんな話をしていたっけ。
その時、口をついて出た
「じぶんにできることって何なんですかねー」という一言に
「最近もそんな話したよ、その考えごとは秋のせいかもよ」
というような言葉が返ってきて、まばたき。

もしもこれを読んでいるあなたが
ぼんやり考えごとしてるなら、それも秋のせいかもしれないよ。

お茶の帰り道は、おみこし行列に飲み込まれた。
行列をぬけたときには、細かいことは飛んで行ったー。
何だかみんなに会いたい気分だわ。秋だね。

 

2016.09.12

今日も染まるよ

hp_nuno_ao

染めたり、染められたり。

その夜にもらった、ちいさな紙の絵のそばで。

2016.09.09

new ◇R the TIMES 「家(うち)とわたし」 5(最終回)

hp_jpeg_rigna_5
インテリア家具ショップのリグナが送る
ライフスタイルWEBマガジン「R the TIMES」。

文筆家の木村衣有子さんが綴る家にちなんだお話に
絵を描いています。

連載の最終回。5回目は、「部屋着」。
みんな自分の部屋では、どんな格好をしているのだろう。
家事もするし、しごともするし、着ごこちいいのも欠かせない。

//

「家(うち)とわたし」では毎回、絵を提出し終わり、
完成のページが組まれてから初めて文章を読んでいて。

キーワードから想像をふくらませてかたちにすること、
文章との組み合わせで生まれるリズムや飛躍みたいな感じが
とても楽しかった!

文筆家の木村さん、制作でお世話になった皆さん
ありがとうございました*

◆R the TIMES
【すべてはテーブルから始まる。】
「家(うち)とわたし」第5回

http://www.rigna.com/rtimes/articles/23

2016.09.06

ワークショップ申し込み ◇ 9/9金曜日まで

roubiki_3mai

募集中の練馬区立美術館ワークショップ
「カラフル!秋色のろう引き紙を作ろう」>
たくさんのお申込みありがとうございます。

 
すでに抽選となってしまう状況のようですが、
同世代の皆さまのご応募も、お待ちしています!
(老若男女いい感じの分布のようですが、中間が少ないみたい)
9/9金曜日まで。

2016.09.01

つながる

160901_ito

9月よろしく。

縫う。縫う。つながっていく。

2016.08.29

sketch

hp_hana1608_1

今日も咲いている。

2016.08.23

久しぶり

160823_kyousitsu

明日は夏休み明け、子ども向け教室はじまり。

募集と、これから予定のお手紙が完成。
いつかの公園スケッチが何個か、カットに役立った*

幼稚園に出入りさせてもらうようになったご縁もあって、
今年は少しずつ保育の勉強をはじめたりしている。

3歳だとまだ、結ぶの苦手なのか。。とか
一緒にやることを決めるために、いろいろ
調べはじめたのがきっかけだったのだけど。

保育の基礎のことを学びはじめると
とても幅広くて、子どもの健康とか発達のこと、
法律の歴史や児童福祉施設のことなどなど、
知らなかったことが山ほどあって、目からうろこが落ちすぎる日々。

悲しい歴史や、子どもを取り巻く様々な問題にふれた日は
切ないモヤモヤについ、ため息が出てしまう、、(今日はこれ)

絵みたいな、ことば以外のやりとりには
けっこう出番があるかも知れないというのもわかってきた。
まだまだ本はつづく。

//

明日の教室は1か月ぶりにみんなに会える。
たのしみだな。

Facebook
Copyright (C) 2014 Kie Nakazawa.
トップへ