news

2017.11.21

「My BooK Exhibition 6」

絵を描く人たちの本のおまつり。
「My BooK Exhibition 6」に参加します。

2017_mybook6_DM
2017年、わたしの作った1冊は「fruitful!」。
制作途中が垣間見える、脇役蒐集人のあれこれ。
ぜひ会場でご覧ください*

171122_mybook

 

——-

「My BooK Exhibition 6」

2017年11月21日(火)~ 2017年12月03日(日)

12:00~19:00 (最終日17:00まで)

月曜日休廊

 

MY BOOK Exhibitionは今年6回目をむかえました。

イラストレーターそれぞれが自由に表現したBOOKを実際に手にとり、めくることで、

特別な1冊を間近に感じてください。

 

gallery DAZZLE(東京/外苑前)

 

2017.11.03

個展 フルートゥフル!「fruitful!」

●fruitfulimageweb

豊かな実りを味わう時間。
フルーツを描いた絵の展覧会を開催します。

 

(以下、金柑画廊ウェブサイトより)

金柑画廊で中澤季絵個展「fruitful!」を開催します。
昨年の「エメラルド ピクニック」に続いて、2回目の金柑画廊での個展となります。

中澤季絵は鉛筆や水彩などで、モチーフや色を柔らかく目をそらさずに描いていきます。
彼女がモチーフに対してとても親密な気持ちを持っているからかもしれません。今回の
タイトルとなった「fruitful」とは「実りが多い」ことを意味します。
楽しいだけでなく、満足だけでなく、自分にとってプラスになる何かを収穫したという
意味の言葉です。木が実らせた果実を味わうように、彼女のカラフルで繊細で芳醇な
「実り」を味わってください。(太田京子|金柑画廊)

ーーーーーーーーーーーーーー
中澤季絵個展「fruitful!」
2017.11.3 金・祝 – 11.26 日
12:00-19:00
木・金・土・日・祝 開催
※会期中のイベントは随時HP•FBで更新いたします。
金柑画廊(東京/目黒)
ーーーーーーーーーーーーーー

中澤季絵 kie nakazawa
イラストレーター/絵描き

植物や微生物について学んだ理科系出身で
生きものを慈しむ脇役蒐集(しゅうしゅう)人

絵で暮らしをいろどる楽しさで
歓びをふやしていくことを軸に幅広く活動中。

http://www.kienoe.com

2017.09.29

個展「harbor」 【会期延長-10/26まで】

170502_harbor_minato

「harbor」
横浜・山下町にある隠れ家的なバー「メロウクラブ」にて、
港を描いたイラストレーションの展覧会がはじまりました。
静かにグラスを傾けるのも、わいわい語り合うのも素敵なお店。
くつろぎたい夜に、ぜひどうぞ*

170502_harbor_merrow

中澤季絵 個展「harbor」

2017年4月- 2017年9月 【10月26日(木)まで】

21:00~25:00頃(金曜は20:00~)
日曜定休(土日月3連休の場合は月曜休み)

BAR MELLOW CLUB(バー メロウクラブ)(横浜/山下町)
TEL:045-662-7800

 

2017.09.02

個展 「道具と出合う、本の中へ」

SUNNY BOY BOOKSサイト内のコラムで連載している本の中の道具たち。
その原画をお披露目する展覧会を開催します。

 

●hp_dougu1709_m
思い返せば、「道具」とのはじまりは、
2013年にSUNNY BOY BOOKSで開催した
「それぞれの道具」展だった。

わたしはちょうど、これからやっていく
しごとや暮らしが変わろうとしている時期で、
毎日を楽しんでわが道をすすむ人たちの姿に励まされていた。

様々な職業の方に会いに行っては話し、
幾つもの道具を見せてもらい、
それをひたすら描いた。

*

いつだったかな。それから少し経ち、
本の中の道具を描いてみたら、そんな話になって。
サニーボーイくんに道案内をたのんで、本の中に旅立った。
それが『道具と出合う、本の中へ』というコラムのはじまり。

道具と出合って心ふるえたときの感覚と、
どの物語をも祝福したくなる気持ちは、
現実も、本の中も、変わらないみたい。

今回の個展では、これまでのコラムで描いた道具の原画、
本の紹介はもちろん制作途中のメモなども展示します。

ひとつしかない、それぞれの物語に息づく道具の表情を
一緒に楽しめたら嬉しいです。

 

***

中澤季絵 個展
道具と出合う、本の中へ

2017年9月2日(土)- 9月14日(木)
平日 13:00-22:00/土日祝 12:00-21:00/金曜定休

●期間中のイベント

【道具採集。】
2013年に開催したイベント再び。
展示会期中の週末に大切な道具をお持ちいただければ(写真可)
その場で絵にします。
どうぞお気軽にお持ちください。

7_saisyuu_kyoukasyo

道具採集の日
9月2日(土)9月3日(日)
9月9日(土)9月10日(日)
*いずれも13時ー17時

サイズ_葉書サイズの水彩紙
色_モノクロの鉛筆画
価格_1.500円

※予定変更や最新情報などは随時
SUNNY BOY BOOKS・作家のHP、SNSなどでお知らせいたします。

 

SUNNY BOY BOOKS(東京/学芸大学)
(東横線 学芸大学駅 徒歩約5分)

2017.02.04

◎脇役蒐集人◎

hp_syuusyuu170204

 

脇役蒐集(しゅうしゅう)人について

それは、2015年の冬だった。

毎年楽しみにしている展示会へ出かけた夜。
いつもと違うことといえば、一冊の本を持っていたことだった。
その本は、私が日常的に集めていたお菓子の包み紙や絵の具の試し描き、
糸、文章の断片、用途のわからない金属片や押し花などを
心のままにコラージュした手作りの本だった。
分厚くて、もこもこの背表紙で、ちょっとだけ動物みたいな。

私は展示されていたコラージュの作品に魅了され、
作者であるその画家さんに、自分もコラージュが大好きであることを
話した。今年はこんな本を作ったんですよ、と言って。

そんなこと言うなんて今思い出してもどきどきするけれど、
緊張なんかよりワクワクと共感が勝っていた。
脇役蒐集人は、そのときに生まれた私の肩書き。

「こうやって集められた脇役のなかに、これから進む方向性が確かにある」

「新しい何かが生まれるとしたら、この中から生まれる」

「商業的な役割より先に、哲学のはなしをしないとはじまらない」

「主役も脇役も、両方出していくといい」

穏やかな語り口で、何個かのとても大事なことを言ってもらった。

脇役、も私にとっては大事なパーツだったから、
初めはそれらを脇役と呼ぶことにぼんやり違和感を感じていたのだけれど
この気持ちこそが、その画家さんの言う「哲学」なのかもしれない。

わたしはその日の御礼に手紙を書いた。

脇役蒐集人を、これからの自分の肩書きにしたいということも添えて。

この脇役蒐集人の文字は、そのときの画家さんの手紙から蒐集したもの。
そんなやりとりを経て、誰に発表するでもなくひっそりと、
この肩書きを名刺に入れ始めた。

何の役に立つかもわからないまま続けていた、
ほとんど誰にも見せてこなかった、言わばガラクタ集めに立派な名前が付いちゃった。
このことで一番励まされているのは、紛れもない私。

この文字を見るたびに
「明日がある」と、嬉しそうに三回言ってもらったこと、
「続ける、出し続けるのが大事だよ」と言ってもらったことを思い出す。

その後も相変わらず日々のかけらを拾い続けて、ちょうど一年。
2016年の冬の日に、大好きな場所で「脇役蒐集人」の発表の機会をいただいた。
この嬉しさと感謝を連れて、これからも小さな宝物の声に耳を傾けよう。
その気持ちをここに。

2017年 立春

2016.12.17

個展 「冬のかけら / 脇役蒐集(しゅうしゅう)人について」

huyunokakera_dm

冬を感じたものひとつひとつ。

それからわたしに突然やってきた肩書き「脇役蒐集(しゅうしゅう)人」について。

寒い日にお披露目する、イラストレーションの展示です。

2016年から2017年へ。冬を楽しめますように。

 

***

中澤季絵 個展
冬のかけら /脇役蒐集(しゅうしゅう)人について
2016年12月17日(土)-2017年1月8日(日)※

平日12:00-24:00/日祝 11:00-23:00
木曜定休

※(!)年末年始の営業日時はお店の情報にご注意ください。

<年末年始の営業について>(2016年12月21日現在)
12月23日(金) 12:00ー19:00
12月29日(木) *定休日ですが営業します
12月30日(金) 12:00ー21:00
12月31日(土) 12:00ー17:00
1月1日〜4日    お休み
1月5日(木)〜  通常営業

 

古本遊戯 流浪堂(ギャラリートーチカ)(東京/学芸大学)

152-0004 目黒区鷹番3-6-9 鷹番サニーハイツ103
tel 03-3792-3082

 

2016.12.13

「MY BOOK 5 EXHIBITION」

「MY BOOK 5 EXHIBITION」に参加します。
今年も出来立ての1冊をもっていきます*

MyBook5_2016_DM

スケッチ、メモ、ラフ、旅の記録、日々の日記、絵本など
39名のイラストレーターがつくった
世界に一冊だけのBOOKを展示する展覧会です。

ページを実際にめくることで、
特別な1冊を間近で感じてください。

 

2016年12月13日(火)-12月25日(日)

12:00-19:00 ※最終日17:00まで (月曜定休)

gallery DAZZLE (東京/外苑前)

2016.11.06

「ボトルラベル展」

「ボトルラベル展」に参加しています。

161106_mellow

横浜・山下町にある隠れ家的なバー「メロウクラブ」。
店内に原画と、オリジナルのボトルラベルで装飾された
お酒の瓶が飾られています。

わたしの作品は個展「エメラルド ピクニック」より1点巡回です。
その作品をもとに新しくラベルをつくりました。

カウンターも、重厚なインテリアもかっこいい、、!
知らなかった街の歴史。
ゆっくりとしたい港の夜に、ぜひどうぞ。

 

「ボトルラベル展」
明智悠/亀田洋隆/坂本愛理/中澤季絵
/野村紘陸/復本文人/宮本雪衣
2016年11月1日(火)- 2017年3月30日(木)終了予定

21:00~25:00頃(金曜は20:00~)
日曜定休(土日月3連休の場合は月曜休み)

BAR MELLOW CLUB(バー メロウクラブ)(横浜/山下町)
TEL:045-662-7800

2016.10.27

「イラストレーターが作る テキスタイル展」

「イラストレーターが作る テキスタイル展」に参加します。

テキスタイル展DM

イラストレーター5名、それぞれが作った布や布製品の
展示・販売を行う展覧会です。

 

161002_textiles

わたしは手染め、手描きの布と布雑貨、
古着をリメイクして販売を行います。
ぜひどうぞ*
※わたしの在廊予定日は以下の通りです。
10/27,    10/29,    10/30

●● ちいさなワークショップを開催します! ●●

10/29(土),  10/30(日)
在廊時、声をかけていただければ、いつでもできます。
※材料なくなり次第終了。
※必ず作りたい方は事前にご連絡ください。

◾︎メニュー
・くるみぼたん 500円(ボタン1個とポストカード1枚付き)
すきな模様の布をカットしてボタンにします。ポストカードのおまけ付き。
・ランチマット 1000円
無地のランチマットにスタンプしたり描いたりして、お気に入りの一枚をつくります。

 

※最新情報、予定変更などは随時HP、FBでお知らせいたします。

 

‐‐‐

「イラストレーターが作る テキスタイル展」
天野綾乃/市川リョウコ/中澤季絵/山路奈央子/吉濱あさこ

2016年10月27日(木)-11月1日(火)
12:00-20:00

にじ画廊 (東京/吉祥寺)

2016.04.28

個展 emerald picnic 「エメラルド ピクニック」

☆160409_hp_m

emerald picnic

「すべて自由」

そう言われて目をとじた

からっぽのあたまの中に
美しいみどりの石がひとつ
コロリと落ちてきて

それから
金色に光る
日差しが見えた

その森に出かけるならピクニック
心はすぐに決まったのだった

 

新緑の季節を心から祝福する気持ちで会場を彩ります。
ぜひあそびにいらしてくださいね。

 

(以下、金柑画廊ウェブサイトより)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中澤季絵個展「エメラルド ピクニック」を開催いたします。
驕らず気取らずモチーフに向かいながら、ゆっくりと軽やかな絵を描く中澤季絵さん。
雑貨を手掛けられたり、イラストレーターとしてもいろいろなメディアで活躍をされています。
彼女がつけた今回の展示のタイトル「エメラルド ピクニック」には、
農学部で植物や微生物に触れていた彼女の生き物に対する眼差しが反映されているのだと思います。
新緑の季節にふさわしい「エメラルド ピクニック」を是非楽しみにきてください。

同タイトルの展示ミニカタログも販売いたします。こちらも是非手に取ってみてください。k

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中澤季絵個展 emerald picnic「エメラルド ピクニック」
2016/4/28(木)ー6/5(日)
木・金・土・日・祝 開催

☆hp_emerald_picnic_schedule_160424
※イベントなどは随時HPにて更新いたします。

※作家在廊予定日は以下の通りとなります。
4/28, 4/29,    5/3, 5/4, 5/8,    5/14,    5/28

予定変更など、金柑画廊・作家のHP、FBなどでお知らせいたします。

金柑画廊(東京/目黒)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中澤季絵 kie nakazawa

イラストレーター/絵描き

1981年 青森県生まれ、北海道育ち
北海道大学 農学部卒。

学生時代は植物や微生物について学び、
花とやさいのタネの会社で10年間働いた経験をもつ。
生きものを慈しむ脇役蒐集人。

絵で暮らしをいろどる楽しさを軸に幅広く活動中。

http://www.kienoe.com

1 / 212
Facebook
Copyright (C) 2014 Kie Nakazawa.
トップへ