notes

2015.12.07

2015年のはなうた

151207_book_humming

 

12/8(火)からはじまる

「MY BOOK 4 EXHIBITION」に参加します。

2014年に続いて2回目。

今年の本の名前は、 go on humming 。

 

内容は、2015年の創作過程で生まれた

線や色、ことばの集合体。

歌になる前のはなうたみたいな。

そのときの混沌に

近づくための本。

 

普段、わたしの作業場には

こんなようなノートや紙切れが

あふれているわけですが、

展示することはなかなかないので

よろしければぜひ、この機会にご覧くださいね。

(会場には44名分のbookがずらりです)

外苑前で12/20(日)まで。

「MY BOOK 4 EXHIBITION」

2015年12月8日(火)-12月20日(日)

12:00-19:00 ※最終日17:00まで (月曜定休)

gallery DAZZLE (東京/外苑前)

 

 

2015.11.21

「雪の本.へ」 3日目

151121_snow

こんにちは。
展示、今日もあいてます。

お店の場所は
深沢不動交差点すぐです。


(お客さんとお話していて、
いろんな駅から来られることがわかりました)

今日も夜まで、
よろしくお願いいたします。

うれしい出来事、
昨日の手乗りうさぎぬいぐるみ(ディスプレイ用にちくちく縫った)、
急きょすてきな飼い主が見つかり
旅立っていきました。

151121_usagiokiru 151121_usagineru

裏返すと眠る。

2015.10.29

赤ちゃん手芸キット「マルタ島の海辺」(nunocoto craft)

151029_nunocotocraft

nunocotoから新発売の手芸キットnunocoto craft で

イラストレーションとデザインを担当しました。

(2015年10月15日発売)

 

◇マルタ島の海辺

http://www.nunocoto.com/?pid=94450363

●from_nunocoto_94450363

●from_nunocoto_94450363_o2

11/1(日)には、博多阪急の催事で

ワークショップも開催されるとのこと。

お近くの方はぜひのぞいてみてくださいね!

 

2015.08.14

半分。

お盆ですね。

「食卓」展は、明日8月15日(土)

(13時から18時)から

後半がスタートです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

150814_tabemono_nuimono

↑ ブローチにするのはどうだろう。

(展示作品を思い出しての縫い物)

 

2015.08.09

—- 雲バッグ

150809_kumobag_f 150809_kumobag_b

150809_kumobag_m

150809_kiji

2015.07.23

丸く進む

150719_2

150723_1

150723_2

2015.06.08

集まってきたパーツ

150608_1

150608_2   〇 ☆ ◆ □

2015.05.09

生きもの/刺繍

その日は糸で縫うように

地図を移動して、電車に乗ったんだった。

– – –

有孔虫の模型やいくつかの人工標本、測定機器を

見たりしたあとで、古い布にほどこされた

刺繍の増殖を見た。

古い布は懐の深い土壌みたいという発見や、

維管束を観察するためにつくったプレパラートの思い出を話したり。

 

ヒトのいのちが裏移りした創作物はやっぱり生きている気がする。

そのことを、なんとなく確かめた夕方のノート。

 

150509_3 150509_2

150509_1

 

2015.04.27

◇◇

150427_1 150427_2

150427_3 150427_4

150427_5 150427_6

2015.04.13

「春の星」 ありがとうございました!

○ ○ ○

個展「春の星/はるのことば と はるのかたち」が
無事に終了しました。
足を運んでくださった皆さま、
日記みたいな記事を一緒に楽しんでくださった皆さま、
気にかけてくださった皆さま、、みんなみんな
ありがとうございました。

展示をひらくのはいつも、
絵なんてなくてもへっちゃらかもしれない街に
自分を投げ出すような、少しの不安とはじまるけれど。。
引き合うミラクルをたくさん運んできてくれました。

今回もそうだったな。
終わってみると、
ほんとに楽しかった!

もらった声や、気付いたことなども
なくさないように。

これからひとつずつかたちにして
いきたいと思います。

またお会いするのを楽しみに、
ありがとうございました!

 

 

haru150412
すきな場所、部屋のいちばん奥の写真。
ずっといたくなるような部屋でした。

4 / 512345
Facebook
Copyright (C) 2014 Kie Nakazawa.
トップへ