notes

2015.05.23

ページを繰る

150523_1

 

春の個展に来てくださった方や、

これまでにお世話になった方への再会が続く日々。

すきな人や、すきな場所が増えていくのは

うれしいことだな。

 

まわりの方々から、その方がつくってきたもの(有形無形いろいろ)を

受け取るような機会がほんとうに多くて、

わたしは何をお返ししていけるだろうとよく思う。

森森森

森森森森

森森

その書斎で開いた1冊目の本に

春の個展の名前にした季語と

今読んでいる本のタイトルがあって

心のなかで「あ!」と、楽しくなったのだった。

150523_2 150523_3

帰り道の草と 白い壁

 

 

 

 

 

2015.05.20

sketch

skt_sea__0520

2015.05.15

sketch

skt_sea_0515

2015.05.13

* * *

worksも、ときどき更新中です。お知らせメモ。

2015.05.09

生きもの/刺繍

その日は糸で縫うように

地図を移動して、電車に乗ったんだった。

– – –

有孔虫の模型やいくつかの人工標本、測定機器を

見たりしたあとで、古い布にほどこされた

刺繍の増殖を見た。

古い布は懐の深い土壌みたいという発見や、

維管束を観察するためにつくったプレパラートの思い出を話したり。

 

ヒトのいのちが裏移りした創作物はやっぱり生きている気がする。

そのことを、なんとなく確かめた夕方のノート。

 

150509_3 150509_2

150509_1

 

2015.05.07

sketch

skt_sea_0507

2015.05.05

sketch

skt_sea_0505

2015.05.04

その夜の、鉱物の模様

stone_moyou_m

150504_1

150504_2

2015.05.02

なつかしい / あたらしい

150501_2

150501_1

2015.05.01

郵便

郵便がきた。

タイムカプセルみたいな。

 

150501_3

おおきに

ありがとさん

だんだん

おしょうしな

おおきんね

どうも

あんがとの

あんやと

Facebook
Copyright (C) 2014 Kie Nakazawa.
トップへ